メラニン色素を撃退して美白実現【ステキなミラクル美肌】

顔

特徴と注意点

女性

近年、「美白」というキーワードが流行しています。美白の主な目的は、シミやくすみを解消することにあります。ドラッグストアでも「美白」をテーマにした洗顔料、化粧水、クリームなどのスキンケア用品が多数発売されています。大手をはじめとする化粧品会社やエステ業界も「美白」対策に乗り出すなど美容業界全体が力をいれています。しかし、どんなにシミやくすみを解消したいと思って化粧品を使っていても、人によっては、全く効果が出なかったり、効果が出たとしても数ヶ月の時間がかかったりすることがあります。そんな時に役立つのが、美白治療です。手っ取り早く効果を出したいという方には、おすすめです。治療は、美容形成外科や美容皮膚科といった医療機関で行われます。医療機関なので、様々なレーザー治療やピーリング、美容点滴といった医療機関ならではの治療を受けることが可能です。また、自宅でのケア商品も充実しており、スキンケア用品や内服薬など、市販の化粧品やサプリメントよりも、強いものを処方することが可能です。

レーザー治療と外用薬の使用に際する注意点を説明します。美白治療でもっとも即効性があるのがレーザーによる治療です。レーザーは、色素沈着、肝斑等のシミやくすみなどに有効です。しかし、ただレーザー治療を受ければいいというものではなく、アフターケアが大切になってきます。日常生活でのケアは、UV対策と保湿対策の2つです。治療後には、一時的に肌が乾燥しやすい状態になります。外出前には日焼け止めでケアをするなど十分なUV対策をし、朝と夜の洗顔後には、しっかり保湿をすることが大切です。自宅でどの程度ケアをするかによって効果に差が出るといっても過言ではありません。次に、レーザー治療が不安な方には、外用薬による治療が可能です。外用薬に含まれている成分は、肝班、色素沈着などのシミやくすみを解消するための有効成分が含まれています。そのため、皮膚への刺激が強く、ビタミンAなどの細胞分裂に関係するビタミンが含まれているため、授乳中の方や妊婦の方、妊娠予定の方にはがあるので治療は望ましくないという傾向にあります。医師と相談しながら治療を進めることが大切です。